2008年09月01日

【幸せな人生を実現させる方法】6分半で眠れる!快眠セラピーCDブック 遠藤拓郎(著) ・・・ 77冊目

訪問者数・応援クリックの増加が、このブログを”続ける力”になっています。
皆様の応援、心から感謝しています。

↓応援クリックよろしくお願いします。


6分半で眠れる!快眠セラピーCDブック―幸せな人生を実現させる方法
6分半で眠れる!快眠セラピーCDブック―幸せな人生を実現させる方法遠藤 拓郎

フォレスト出版 2008-08-07
売り上げランキング : 1095

おすすめ平均 star
starCDがいい!
star睡眠の最先端が分かる!
starCDだけでもお買い得!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「感想」
健康は睡眠のよるところが多いというフレーズを他の本より知り、本書の購入に至りました。

本書は100ページ少々と少なめなページ数の上、文字も少なめ。
要点が優しくまとめられており(余計なことはあまり触れないようにしており)、わかりやすく一気に読むことができます。
30分もあれば、読むことができると思います。

しかしながら、睡眠に関するポイントがわかりやすくまとめられており、これだけの知識を持つだけで、睡眠の質が変わると思えます。
余計にいろいろ書いてあるより、実践しやすいと思います。

併せて、付属のCDが、とてもよい曲で、睡眠を優しく誘ってくれると思います。
6分半で眠れる(この時間は平均値らしいです。)らしいですが、私は6分半では無理でした。
なぜって、曲が綺麗なので、最後まで聞いていたかったから。

でも、聞き終わったは、すっと睡眠に入れました。

とても綺麗な曲で、このCDだけでも購入の価値はあるのではないしょうか。

本書内に抱えていることですが、睡眠は「健康」「美容」「ダイエット」「仕事」「勉強」など、人生のありとあらゆることに大きく関わっています。
それだけに、質の高い睡眠を得るということは、とても大事なことです。

普段をがんばりたければ、正しい睡眠をとるべきです。

本書より、睡眠に関する正しい知識をつけられてはいかがでしょうか?


「著者まえがき」
この本を手に取っていただき、ありがとうございます。
この本を開いて、今このページを読んでいるあなたは、いったいどのような悩みをかかえているのでしょうか?
「疲れているけれど、なかなか寝付けない。」
「忙しくて、寝る時間が少ない。短い時間で、効率良く眠る方法はないだろうか?」
「最近、肌が荒れてきた」
「うまくダイエットができない (またはダイエットが続かない)」
「常に、頭がボーっとしている気がする」
「やる気がおきない」
「体に力が入らない」
こういった悩みの原因は、しっかりとした睡眠がとれていないからではないでしょうか?

あなたは毎日、しっかりとした睡眠をとれていると自信を持って言えますか?
きちんとした正しい「睡眠の知識」を持っていますか?

この本では、そういった悩みを解決するために、あなたが快適に眠り、幸せになるための知識をまとめました(もちろん睡眠における最新の研究結果に基づいています)。

睡眠は「健康」「美容」「ダイエット」「仕事」「勉強」など、人生のありとあらゆることに大きく関わっています(詳しくは-章を読んで下さい)
つまり、どう眠るかで、人生は変わります。
逆に言えば、睡眠を変えることで、人生は変えられるのです(大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にそうなのです)。

さて、この本を読む前に、1つあなたにお願いしたいことがあります。
それは、どうか今夜は、この本を読み終えるまで、眠らないでほしいということです。
100ページほどの短い本ですので、ぜひ、一気に読み切ってしまって下さい。
そして、この本に書いてあることを実行してみて下さい。

この本にはあなたが快適に眠るためのヒントが、随所にちりばめられています。
また、本を読み進めていく上で、あなたが視覚的にリラックスできるように、写真やイラストをたくさん使いました。
ぜひ、宝探しのような気持ちで、この本を開いてみて下さい。
この本の1章では、睡眠がいかに人生に影響を与えるものであるかをお話しします。
2章では、「睡眠のメカニズム」についてお話しします。
快適な睡眠をとるためには欠かせない知識になりますので、ぜひしっかり理解して下さい。
3章では、2章で説明した知識をふまえて、「快眠のための具体的な方法(テクニック)」についてお話しします。
また、この本には、「快適に眠るためのuD」を特別付録としてつけました。
このCDは、詳しくは3章(1-2ページ)に書きましたが、336回の臨床実験を経て作った自信作で、その効果は実証ずみです。
平均6分半で眠りについてしまうため、おかげさまで「最後まで聞けないCD」との評価をいただきました。
ぜひ、快眠を実現するために、寝床でご活用下さい(10ページの「付属CDの使い方」をしっかり読んで下さい)。

さあ、準備はできましたか?
前置きが長くなりましたが、どうか体の力を抜いて、リラックスしながら読んで下さい。

あなたが今抱えている悩みを解消し、幸せな人生を実現するために、私の研究とこの本、さらには付属CDが、少しでもお役に立てることを願っております。
それでは、はじめましょう。

「目次」

はじめに
付属CDの使い方

第1章 どう眠るかで、人生は変わります!

1.快眠は「健康」「美容」に効く!
2.快眠は「ダイエット」に効く!
3.快眠は「仕事」「勉強」に効く!

第2章 章快眠のために知っておきたい「睡眠のメカニズム」

1.眠くなる時、体にはいったい何が起きているのか
2.眠くなるホルモンがある
3.なぜ、月曜日の朝はキッイのか?
4.睡眠には2つの種類がある!
5.人はいったい何時間眠ればいいの?
6.睡眠の「コアタイム」とは?
7.「年をとるほど、眠れなくなる」は本当
8.あなたは「不眠症」になっていませんか

第3章 心地よく、幸せに眠る方法

1.快適に眠るための「環境の作り方」
2.快適に眠るための「脳の編し方」
3.1日5分でできる「快眠体操」
4.質の良い睡眠を得るアミノ酸がある
5.快眠に効果的な食べ物とは?
6.昼寝は、何分が効果的?
7.快眠へいざなう音楽(付属CDについて)


自己投資のための書評サイトランキング 

続きを読む
posted by はっしーなゆき at 06:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月25日

【世界最新最強】スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット フリードマン,ロリー バーノウィン,キム(著) ・・・ 73冊目

訪問者数・応援クリックの増加が、このブログを”続ける力”になっています。
皆様の応援、心から感謝しています。

↓応援クリックよろしくお願いします。


スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット
スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエットウイアー美由紀

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-07-15
売り上げランキング : 1251

おすすめ平均 star
star初めの印象とは違って
starちょっと怖い
star表向きはダイエット、主旨は生活改善 マクロビオティックにも通じます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「感想」
あの年収10倍アップシリーズで有名になった勝間和代さんも絶賛するダイエット本!

女性向けに書かれているような文面がありますが、男性も読んで見るべきだと思います。

ちなみに、オーガニックはまさに有機のこと。
有機栽培でつくられる食物や繊維、動物であれば化学飼料を一切与えていない動物、それらは英語では「オーガニック」とよびます。

本のタイトルの通り、目的とするところは、有機栽培で作られた食物などを主に食べるようにすること。
それだけで健康的に、かつやせれるというもの。
そして、普段、口にしているものが、いかに問題のあるものなのか、それを怖いくらいの例をもって教えてくれます。

文面は少々きつめのS口調。
しかしながら、この本に書かれていることが事実だというなら、普段自分達が口にしているものについて、本当に真剣に考えなければならないと思います。
それくらい、現実を考えさせられる内容です。

ダイエットに興味がなくとも、健康に興味のある人も是非一読することをおすすめします。
そして、そのどちらにも興味にない方、一番にこの本を読んでみることをおすすめします。


「著者まえがき」
もしかしてヤセたいのにヤセられなくて、イライラしてる?
よかったー
自己嫌悪にあと一日も耐えられないなら、あなたはヤセる準備ができてるってこと。
ヤセるのに生理学の学位なんていらないわ。
ひもじい思いをする必要もないし、ジムで一日中、汗を流す必要もない。
ただお利口になって、頭を使えばいいだけ。ほんとよ。簡単なこと。
私たち、流行のダイエット法や、雑誌の記事や広告に洗脳されすぎて、自分で考えることを忘れちゃってただけよ。
だから買い物するとき賢く選べるように、この本で食べ物についての真実スキニービツチを教えてあげる。
この知識さえあれば、あなたも「スリムないい女」の仲間入り。
これって、ただのダイエット法じゃないわ。人生や食べ物の楽しみ方、健康でピュアで、エネルギーにあふれた自分を感じられる方法なの。
そう、あなたの心と体を取り戻すときが来たのよ。
「チャーリーズ・エンジェル」みたいに、最高にクールな音楽をバックに、スリムなお尻をひけらかして街を歩くときが。
さあ、いっしょに永遠のスリムボディを手に入れましょ!


「目次」

はじめに

第1章 ヤセたいのならヤメなさい

本気でヤセたいって思ってる?
お酒は毒にもクスリにも
炭酸飲料は毒薬
水は魔法の飲み物
コーヒーは今すぐやめなさい
ジャンクフードの誘惑
クスリの飲みすぎにご用心
運動しなくちゃ始まらない

第2章 ストップ-炭水化物ダイエット

炭水化物ダイエットの落とし穴
果物ってカンペキ!

第3章 砂糖という名の悪魔

砂糖はおデブのもと
天然甘味料なら栄養たっぷり
シュガーレスの買:アスパルテーム
食べるな、危険!人工甘味料
酸性環境はがんのもと

第4章 ねえ、腐りかけの死体はおいしい?

ダイエットすると太るわけ
あなたの腎臓はだいじょうぶ?
ヒトって肉食? それとも草食?
それでも肉を食べつづけるの?
食肉はみんなクスリ漬け
「体重増加薬」をのまされてたなんて
牛肉より怖い鶏肉
魚はヘルシーなんて大ウソ!
お肉をやめたら心も体もスッキリ
大豆食品ってサイコーよ

第5章 ほんとうは恐ろしい乳畢晶のはなし

まだミルクなんて飲んでるの?
ミルクを飲むと骨が弱る?
乳製品は病気をつくる
ダイオキシン入りのチーズはいかが?
さあ、もうミルクは卒業ね
卵ってつまり、鶏の・・・
アイスもチーズもあきらめない

第6章 あなたの食べるものがあなたをつくる

食肉処理場はまるで地獄
残酷な現実。でも目をそらさないで
動物たちの悲鳴が聞こえないの?
偽装表示なんてよくあること、そうよね
腐りかけの肉を食べておいしい?
軌道修正するなら今
酵素がなくては生きられない
毎日のフルーツジュースが大正解

第7章 まちがいだらけのたんぱく質神話

お肉を食べなきゃ倒れちゃう?
たんぱく質は野菜から
流スポーツ選手にベジタリアンが多いわけ098
「食べ物の組み合わせ」はデタラメ!
太らない脂肪があるってほんと?

第8章 みんなが気になるお通じについて

水分と繊維でおなかスッキリ
下剤は禁止

第9章 政府にいつか殺される

役人と食肉メーカIの甘い関係
安全なんてピーでもいい?
それ、ほんとうにオーガニック?
役人はみんなヤクでもやってるの?
自分を守れるのは自分だけ
ミルクにはロケット燃料が入ってる?
もう、だれも信じちゃダメ

第10章 くじけないで.感ずきれいになれる

たった2カ月で生まれ変われる
急がないで。まずはゆっくり一歩ずつ
あなたを浄化する方法
人生が変わりはじめる4週間
「あと一口」がやめられない
食事とセックスの共通点は?
チーズはダイエットの天敵
レプチンできれいにヤセる
食欲もむくみも、食べて解消
プチ断食のすすめ
断食で心も体も軽くなる
ビタミン&ミネラルの基礎知識

第11章 さあ、おいしく食べましょ

朝起きてすぐ食べちゃタメ
ランチ&ディナーの心得
おやつは食べてもOK!
4週間分のヘルシー・ダイエットメニュー

第12章 秘密のアドバイスを召し上がれ

第13章 もう目は覚めた? 頭を使うのよ

体の声に耳を澄ませて
スキニーピッチは愛される
おめでとう
未来はあなたの思いどおりに
ネガティブでいると病気になる?
自分にポジティブな声をかけよう
自分を愛すれば理想の相手が現れる

訳者あとがき

成分表はしっかりチェック
ロリー&キムのおすすめ情報
参考文献


自己投資のための書評サイトランキング 

続きを読む
posted by はっしーなゆき at 06:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月18日

【成長ホルモンが脂肪を燃やす!】一生太らない体のつくり方 石井直方(著) ・・・ 68冊目

訪問者数・応援クリックの増加が、このブログを”続ける力”になっています。
皆様の応援、心から感謝しています。

↓応援クリックよろしくお願いします。


一生太らない体のつくり方―成長ホルモンが脂肪を燃やす!
一生太らない体のつくり方―成長ホルモンが脂肪を燃やす!石井 直方

エクスナレッジ 2008-01
売り上げランキング : 829

おすすめ平均 star
star中高年こそ筋トレを。。。
star通りすがりのバイオ研究者
star筋肉でお腹をへこませる訳でなく、筋肉で脂肪を燃焼し、結果お腹がへこむのだ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「感想」
メタボリックシンドロームという単語がはやり、ダイエットが大流行です。
本書の著者は、東大教授でボディビルダーという異色?の石井直方さんです。
世界一受けたい授業にもでられた先生ですので、ご存じの方も多いかと思います。
本書はとてもためになる内容です。

ラクして痩せるということはありえない。
かといって無理しろとは言いません。もっとも効率的なダイエット方法を教えて下さいます。

ポイントは、筋肉をふやすということ。
有酸素運動と、無酸素運動の組み合わせ技、その順序なども重要であると教えてくれます。
そして、筋肉をふやすといっても、筋トレしまくれではありません。
週3を超えるとそれは逆効果とか、その仕方も負荷をかければいいというものでもないと教えてくれます。

とにかく、実験結果を基に、もっとも効率的なダイエット方法を教えて下さる非常にためになる本です。

ダイエットと言えば、女性と言ったイメージはありますが、是非、男性、特に40代前後の方に進めます。

また、できれば、30歳になる前に、この本を読み、どういった生活をしていけば、40になっても太らないのかということを分かることも重要かと思います。
とても、理論的で、かつ無理をさせない効率的な内容の本でした。
オススメです。


「著者まえがき」
そのダイエット、間違っているかもしれません。
あなたの実行しているダイエット、あるいは、これから実行しよぅとしているダイエットのことです。
間違っているというのは、「効果がない」だけではありません。
場合によっては、「逆効果」かもしれないという意味です。
もっとはっきりいえば、「やらないほうがマシ」ということです。残念ですが、そういったダイエッ-が世に氾濫しています。

この本は、病気を防ぎ、健康的な生活を送るために、本気で痩せたい人、痩せるべき人にとくに運動という面から「正しい知識」を身につけていただこう、という狙いで書いています。
正しい知識があれば、間違ったダイエットで遠回りすることもなくなります。いいえ、正しい知識がなければ、本来のダイエットは不可能なのかもしれません。

最初にお断りしておきますが、私は決して「痩せる」ことを無条件で好ましいと思っているわけではありません。
私自身がボディビルダーとして、いかにたくましい体をつくるか、筋肉をつけるかを実践してきたからというだけではありませんが、「痩せる」という言葉には、不健康なイメージがつきまといます。

もし「ダイエット=痩せること」というのであれば、この手の本を書こうなどとは思いもしませんでした。
しかし、現実を見回してみますと、世間にはエネルギーの過剰摂取と運動不足により、健康の面から、「痩せる」必要のある人たちが多くいることに気づきます。
そして、それは大きな社会問題となり、私たちに警鐘を鳴らしています。肥満は、健康の大敵です。
とくに内臓脂肪の蓄積による「内臓脂肪型肥満」は、代謝障害をまねき、糖尿病や高血圧、高脂血症を引き起こす危険を高めてしまいます。
さらにこうした状態を放置すると、やがては循環器障害といって、血管の状態の悪化をまねき、動脈硬化をへて、心筋梗塞などの心疾患や脳血管障害(いわゆる脳卒中)といった、命に関わる病気にも結びつきかねません。

このように内臓に脂肪がつく内臓脂肪型肥満は、ご存じのように「メタポリックシンドローム」という別名をもちます。
その数は各種報道でもあるように増加傾向にあります。二〇〇七年に厚生労働省が発表した資料によれば、四〇歳から七四歳の全人口のうち、約九二〇万人がメタポリックシンドローム、さらに、約九八〇万人がその予備軍と、実に約一九〇〇万人が重大な病気を引き起こすリスクを負っているとされています。
厚生労働省が本腰を入れて対策に乗り出したことでもわかるように、たいへん深刻です。

私は、筋生理学者という立場からも、メタポリックシンドローム対策、あるいは、健康維持・増進という意味でのダイエットには、両手を挙げて賛同し、現在はその対策を指導する立場にもあります。
そうした指導をすすめるなかで、あらためてダイエットに対する一般の「誤解」と「知識不足」を痛感しました。
知識不足は、社会問題にもなった、「○○だけ食べれば痩せる」といったものに「はまる」ことにつながったりします。
冷静に考えれば誰でもわかるはずですが、体に取り込むエネルギーに対し、消費するエネルギーが少なければ、 エネルギーは体にたまります。
何かを食べるだけ、 つまり、摂取するだけで痩せるわけがないことは、これだけでも明らかでしょう。
このように、少し考えればすぐにわかるようなことでも、意外なくらい理解されていないのが、ダイエットの世界のようです。
だからこそ、たくさんの書籍が発刊されたり、雑誌やテレビ番組などでも、しばしば特集が組まれたりするのでしょう。それはまさに玉石混交で、なかには科学的な研究に裏づけされた、なかなか優れたものもありますが、眉唾ものも少なくありません。

もちろん、問題なのはその見分け方ではありません。見分け方はこの本をざっと読み通していただければ、誰でも必ず身につくはずです。そして、冷静に考えていただければ、すぐにでも判断できるでしょうから。
肝心なのはこの先。
絶対に間違えていただいては困るのは、ダイエットに「特効薬」はない、ということなのです。
「特効薬」を求めるからこそ、明らかに間違った手法に惹かれたりするのです。
正しい知識を身につけて、それに基づいて、判断・実践していくことが重要なのです。

冒頭から「何を当たり前のことをいっているんだ」という人は、読み飛ばしていただいて結構です。
しかし、たとえば、「取り込むエネルギーに対し、消費するエネルギーが多ければいいのだから、食事制限をすればいいんだな」などとお考えの人には、逆にじっくりと読んでいただきたいと思います。

たしかに食事制限をすることによって体重は減ります。しかし、食事制限だけによるダイエットは、「さらに痩せにくい体質」をつくり出してしまうのです。
たとえば、同じ八〇キロの体重でも、食事制限によるダイエットをリバウンドで戻った八〇キロなら、何もしない八〇キロのほうが間違いなくいいのです。
前者のほうが痩せに、後者のほうが痩せやすいのです。
「運動をすればいいんだろ?」と、短絡する人にもぜひ読んでいただきたいと思います。
積極的にエネルギーを消費するには運動が必要なのは確かなのですが、闇雲に何でも運動さえすればいいというものではありません。
脅かすわけではありませんが、場合によっては筋肉を壊してしまうこともあるなど、「逆効果」にさえなりかねないこともあるのです。
また、いくらダイエットに効果的な運動方法でも、誰もが同じようにやればいいというものでもありません。「あなたには、あなたにふさわしい運動メニュー」があり、それを自分で把握・実行するしかないのです。「特効薬はない」といっているのは、そういう意味でもあります。

ただ、特効薬はないのですが、効率のよい方法はあります。効率を求めるのは大賛成、好んで苦労をする必要はありません。
私は、ボディビルダーとして、若いころから筋力-レーニングに励んできましたから、多くの人に「運動好き」と思われているかもしれません。しかし、正直なところ、多くの皆さんと一緒で、私も「できればつらい運動なんてしたくない」という人間です。
一方、人間には運動が必要だという事実があります。もしも運動をしなければ、三〇歳前後をピークに、それは「必要がないもの」と判断し、筋肉は衰えてい-ようにできているのです。
この相容れないものをいかにバランスをとって、効率的かつ効果的に解決させるか、つまり、運動をいかに効率よ-おこなうか、筋肉をいかに効率よ-鍛えるかというのが、私が追究している研究テーマです。

大学生時代からボディビルダーとして、実際に自分の肉体を鍛えてきたからこそtより真剣にそう考えるのです。
同じ効果が見込めるなら、誰でも短い時間で効率よくおこないたいはずです。

あなただってそうでしょう。もちろん、私だって同じです。しかし、私がやるべき運動メニューと、あなたがやるべきものは違います。
年齢や性別、そして個々の体力によって、やるべき運動は違います。
各個人それぞれにふさわしい運動メニューがあります。そのメニューこそが、実は、もっとも効率よく、もっとも効果を見込める方法なのです。
そして、それを把握していただくための知識をやさし-解説しょうというのが、この本の目的なのです。
一説によれば、体質的に太りづらいタイプの人は、日本人の場合は、たった二割しかいないという報告もあります。
今は太っていない人でも、何もしなければ体脂肪が増えていく可能性は十分です。
また、二〇〇七年七月に米・ハーバード大学の研究チームが発表した、親兄弟、家族などに肥満がいる、いないにかかわらず、肥満の友人がいると、本人も肥満になりやすいという「肥満の連鎖」も新聞紙上を賑わしました。つまり、太っている人が周囲にいると、肥満に対する抵抗が薄れ、肥満になりやすいというのです。
それが事実なら、太るのは自分の勝手、というわけにもいかないでしょう。
いずれにしろ、健康に大きな害をおよばしてしまう肥満には、可及的速やかに対策をたてなければいけませんし、予防も心がけていただかなければなりません。それには、正しい知識が不可欠です。

正しい知識を身につけることは、いわゆる生活習慣病を予防する以外にも、素晴らしいメリッ-をもたらします。高齢者に多い、体
力・筋力の衰えによる「ケガ」を未然に防いで-れるだけではなく、「成長ホルモン」などの分泌により、活力のある生活を維持していくことも可能なのです。
この本では、誤解や思い込みを排除し、自分の体力を把握し、その体力にあった体づ-りをしていただけるようにするのはもちろん、
また、なぜダイエットに失敗するのか、リバウンドの原因も詳らかにしていこうと思います。
本気で痩せたい人、痩せるべき人はもちろん、健康を求めるすべての人に、本当のダイエット、本物のダイエットをしっかりとお伝
えしていきます。一生太らない体のつ-り方について、心の底から理解していただければと思います。


「目次」

プロローグ/ 本当のダイエットをお伝えしたい

第1章 中高年にこそ必要なダイエット

誰もが太る生活を送っている
食事量が増えていなくても太るという事実
あなたはメタポリックシンドローム?
四〇歳を過ぎると太りはじめる理由
脂肪が増えるのは筋肉の衰えが原因
若い女性より、中高年の男性こそダイエット
食事制限だけのダイエッ-に問題がある理由
リバウンドにひそむ本当の危険
たった二日間で一歳老ける方法
誰でも代謝の高い体になれる!
痩せるためには有酸素運動といわれる本当の意味

第2章 読めば実行した-なる、効果的な脂肪燃焼の戦略

運動の効果をプラスにするもの、 マイナスにするもの
ウォーキング一時間でご飯茶わんたった一杯分
遠くて近い、筋トレによる脂肪燃焼の道
有酸素運動と無酸素運動の境界
大切なのは運動の順番″
成長ホルモンで、さらに体脂肪の分解が進む
脂肪を消費する二つの戦略
運動をしていないときに脂肪を消費する

第3章 あなただけのダイエットメニュー

筋肉量を増やすとはどういうことか?
筋肉を増やすためには適正な負荷がある
軽い負荷、回数を多めで鍛えられる遅筋
まずは眠っている筋肉を目覚めさせる
加齢とともに萎縮する筋肉
筋トレは、週二d三回が効果的
小さな負荷で効果がでるスロートレ
ポイントは筋肉を緩ませないこと
有酸素運動は、心拍数一一〇から二一〇でおこなう

第4章 さらに可能性を引き出すダイエットの知識

体脂肪一キログラム減は、何日分の食事量に相当するか?
効果的に生活活動量を増やす工夫
運動をする前後の栄養補給で、効果はさらにアップ!
呼吸を正し-おこなって効果を高める
スローレの原点となった加圧トレーニング″
午前中に筋トレを薦める理由
サーキット-レーニングの功罪
ウォームアップとクールダウン
一度つけた筋力を維持するためには?
筋トレは、美容や脳にも効果的
筋トレは、肩こり、腰痛、 ストレスにも効果的

実践「スローレ」【標準コース】【シニアコース】のポイント
つければ効果抜群! 三か月トレーニングカレンダー


自己投資のための書評サイトランキング 

続きを読む
posted by はっしーなゆき at 06:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年07月16日

【男のための「食べやせ」革命】夜中にラーメンを食べても太らない技術 伊達友美(著) ・・・ 57冊目

訪問者数・応援クリックの増加が、このブログを”続ける力”になっています。
皆様の応援、心から感謝しています。

↓応援クリックよろしくお願いします。
現在の、人気ブログランキングは何位でしょう? 

夜中にラーメンを食べても太らない技術 (扶桑社新書 25) (扶桑社新書 25)夜中にラーメンを食べても太らない技術 (扶桑社新書 25) (扶桑社新書 25)
伊達 友美

扶桑社 2008-02-29
売り上げランキング : 284
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「感想」
まず、夜中にラーメンを食べて太らないというのはちょっと言い過ぎかもしれないですが、
仮にそうする場合に、太ることを防ぐ技術、技を教えてくれる本です。
もちろん、夜中のラーメンだけの話でなく、以下の目次に書かれているような、いろんなパターンでこうしたほうがよいと例が出されています。
著書のやせるための主張は、とにかく好きなものを我慢せず食べなさい。ただし、それを相殺することをしなさい。というもの。
我慢するのではなく、やりたいことをやって、目的を達成しようというものです。
もちろん、やりっ放しでは太る一方ですので、そのための相殺技をいろいろと伝授くださいます。
比較的長期視点にたったダイエット手法です。
これなら、ついつい食べて太ってしまう人にも実践可能だと思いますよ。
しかし、目からウロコの内容が非常に多い内容でした。
男性だけでなく、女性も非常に参考になると思います。一読の価値ありです。


「著者まえがき」
伊達式ダイエットとは?
朝は抜いて、昼はカレーの大盛りかファストフード、夜はコンビニ弁当――。もしくは、朝はコンビニでサンドイツチ、昼は会社の宅配弁当、夜は居酒屋で飲んだ後に締めのラーメン。
働き盛りの20〜40代のサラリーマンは、こんな食生活を送られている方が多いのではないでしょうか?
そして、20代中盤まではこの食生活でも全然太らなかったのに最近腰回りがモッタリしてきた、なぜか毎年1聴ずつ体重が増えている・・・などと具体的な体の変化を感じている方も多いと思います。
このような食生活だと、これまでの一般的な栄養指導や健康相談ならば、「そのままの生活をしていたら確実に生活習慣病になりますよ」と警告するレベルでしょう。
そして、「外食を減らしたほうがいい」「カロリーを控えて」「1日何品目をバランスよく食べてください」「塩分は控えましょう」といったアドバイスをするはずです。
しかし、多忙なサラリーマンはコンビニ食、外食が多いのは仕方がないし、男性ならばラーメンやカレーや揚げ物が好きなのは当然のことだと思います。
ただし、今の食生活を続けてしまうと、糖尿病など生活習慣病のリスクが高まり、加齢によって基礎代謝量が減り、毎年太っていくことは避けられないのも事実。
しかしながらいきなり、「1500kcal以下に食事制限する」とか「毎日ジムに通う」とか「外食断ちする」というのは現実的ではありません。
なぜなら、無理は絶対に長続きしないからです。また、厳しい日標は逆に「ストレス太り」を招く恐れもあるのです。
でも、諦めることはありません。例えば、同じ定食を食べるにしても、まずは味噌汁やお新香からというように、食べる順序を変えてみる。そう、それだけで効果が上がることもあるのです。
また、ラーメンを食べる前には野菜ジュースを飲む、宴会でしこたま飲んで食べてしまった翌日の朝は、フルーツを食べる。このくらいなら、どなたでもすぐに取り入れられることだと思います。
本書は、そんな些細ですが、すぐに実践可能なアイデアが詰まった、「男のためのダイエット本」です。しかも、ほとんどカロリー計算については触れない、きわめて珍しいダイエット本だといえるでしょう。
私のダイエットメソッドは簡単にいうと、体に必要な栄養素を十分に摂って、代謝効率を上げて脂肪を燃やすというものです。体重を一時的に落とすのではなく、生活習慣病な
どのリスクを下げ、自律神経やホルモンバランスを調整し、体の免疫力を高める、「健康にやせる」方法なのです。
では、なぜ今、男性もダイエットする時代なのか。多少太っていても、「俺は男だから構わない」とは言っていられなくなるからです。

(中略)

現代の「食環境」では現状維持すら難しい
ではこのあたりで、読者の方に質問いたします。

□朝食はパンや缶コーヒーが多い
□昼は自分の席で弁当やフアストフードを「習慣食い」
□小腹が減ったらいつでもどこでも食べる
□忙しくて、家族や友達と食事する機会が少ない
ロチャーハンやラーメンなど単品の食事が多い
ロカップメンやフアストフードを週2回以上食べる
□手軽に食べられるパン、肉まんが好物
□お腹がいっぱいになればとりあえずOK
□炭酸飲料水やスポーツ飲料が大好き
□飲んだ後のラーメンは欠かせない

以上の項目でいくつ「YES」がありましたか? もちろんYESは少ないほど健康的です。
でも、働き盛りの20〜40代なら、3つ以上YESとお答えになるほうが自然かもしれません。
今は、コンビニやフアミレス、フアストフードまでもが24時間オープンし、いつでもどこでも安価な食品が手軽に買える時代です。
しかも、日々仕事に追われる働き盛りの方は、自分の健康問題について後まわしにしがちです。
しかし、今のままの生活を続けたら、あなたが今の体重を維持するのは難しいでしょう。
人間の体は年を重ねるごとに代謝が落ち、脂肪を燃やす効率が悪くなるからです。
そんななか、前記のような質の悪い油や添加物の多い加工品ばかりを一人で気の向くままに食べていたら…。ただ肥満になるだけではなく、糖尿病など生活習慣病を発症するリスクが確実に高まります。
それだけではありません。前記のような食生活は、脱毛、勃起不全、ウツ、自律神経失
調症、過敏性大腸炎、アトピー性皮膚炎などを引き起こす要因にもなりかねません。
太っているうえに、髪の毛がさびしくなり、さらに内臓はボロボロで、精神は落ち着かない…。
そんな生活は、誰も送りたくないはず。
「忙しい」と健康問題を後まわしにした結果、メタボ予備軍や生活習慣病、はたまたさまざまな病気になったとしても、誰も面倒をみてはくれません。これからは、健康や肥満もすべて自己責任とみなされる時代です。
そろそろ深刻に自分の食生活を見直す時期が来ているのではないでしょうか。

(以下省略)


「目次」
はじめに
伊達式ダイエットとは?
 「メタボ健診」のスタートで、肥満者受難の時代が到来
 腹囲85 Cm以上は肥満扱い。強制ダイエットコースに収容
 メタボを減らさない限り、会社の健康保険組合に厳しいペナルテイが
 「肥満差別」を受ける前に、自ら「脱肥満宣言」しよう
 現代の「食環境」では現状維持すら難しい
 伊達式ダイエットはなぜ女性に支持されてヒツトしたのか

第1章 男の体に今、起きていること
 30歳前後の脂肪細胞の数が大事!
 男のパン・牛乳信仰は正しいか?
 日本人はもともと粗食で働き者の遺伝子
 日本人に糖尿病が多いわけ
 「悪い油」がもたらす恐ろしい弊害
 悪い油の摂りすぎでホルモンが乱れた男たち
 現代の男は30代で「男性更年期」を迎える?
 若いのに前立腺肥大で尿漏れ
 性欲減退の一因はレシチン不足
 悪い油の摂りすぎで、若ハゲが続出
 酸化した油の悪のパワー
 加工食品の添加物で体に毒素がたまる
 そもそも毒素とは? デトツクスとは何か?
 毒素の摂りすぎが「むくみ太り」の原因?
 脂肪もまた一つの毒素
 寝る直前にガッツリ食べるのは胃腸へのイジメ
 睡眠不足が肥満を招く
 甘いものの一気食いはメンタルに悪影響
 小麦製品を摂-すぎるとウツになる?
 過敏性大腸炎で365日下痢のサラリーマンが急増中
 腸が悪いと栄養が吸収できない
 米不足で善玉菌が死ぬ?
 胃腸や自律神経の不調で、男の冷え性が急増中
 男の冷えを誘発するコーヒー飲料
 毎年1kg増えていませんか?

第2章 我慢しなくてもやせて健康になる伊達式の黄金ルール
 男のダイエットはヨとを減らすより「善」を増やす加点方式で
 男の栄養不足は「習慣食い」が要因
 お腹が減ったときが絶好の食べ時
 飲み物の隠れ糖分に気をつけろ
 食べる順序を工夫してインシュリンの過剰分泌を抑える
 炭水化物抜きダイエットの悲劇
 男はクオリテイの高い肉食が正解
 赤身の肉は「原型のまま」食べれば、さらに脂肪燃焼効果がアップ
 酵素パワーで老廃物をためない体に
 朝一杯のジュースでデトックス効果がアップ
 酵素たっぷりな糠づけや納豆など「発酵食品」が効く
 ポリフェノールで代謝を上げて毒素排出
 アルコールは無理に我慢しなくてもOK
 カロリー計算は帳尻合わせ
 胃が大きいからすぐ腹が減るのか?
 自分にとってベストな「一人前」を見つけよう
 朝食なんて食べなくてOKp 「1日3食信仰」の幻想
 水分は水だけにあらず。水分の正しい摂り方
 男性には食品に含まれる水分が必要
 良い油は良いコレステロールを作る
 アルファリノレン酸で脂肪の代謝を上げる
 青魚の油が脂肪を燃やす
 オリーブオイル、ゴマ油も「良い油」
 温かい食べ物は代謝を上げる
 内臓、皮膚、髪、骨、筋肉…人は食べたもので作られる
 「習慣食い」は危険。お昼は毎日違う店で食べよう
 元体育会系は食事制限だけではなく運動も必要
 「フイトケミカル」で体内の酸化を防ぐ
 加工食品を食べたらミネラル補給
 一人で食事せずもっと食べることを楽しもう


第3章 伊達式ダイエットでやせた男たち
 ケース1  174cm、80kg「ちょいメタ」が3か月で10kgやせた
 比較的健全でも、1日2度の肉食は偏りすぎ
 朝のトーストをやめてジューススタンドで生ジュースに
 ファストフードとレトルト食品は避けて、揚げ物は週1回に
 深夜の夕食はやめて、ゆで卵とスープで軽く済ませる
 飲み会や会合は、今まで通りに
 (中略)

第4章 ラーメンを食べても太らない技術
 飲んだ後にラーメンが食べたい…食べる前に野菜ジュースを1本飲め
 どうしても宅配ピザが食べたい…オリーブオイルをかけて食べる
 ついつい菓子バンを食べてしまう… 一緒に豆乳を飲む
 ランチに時間をかけられい…食べる順番を意識する
 ヤケ食いがやめられない……食べすぎたら18
 時間は何も食べない
 おやつが食べたい…ナッツかゴマせんべいならOK
 深夜の寝酒がやめられない…焼酎の梅割りか赤ワインを
 栄養ドリンクが手放せない…卵かけご飯で栄養補給

(以下省略)

自己投資のための書評サイトランキング 

続きを読む
posted by はっしーなゆき at 05:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年06月20日

【「病人」にされる健康な人々】メタボの罠 (44冊目)

訪問者数・応援クリックの増加が、このブログを”続ける力”になっています。
皆様の応援、心から感謝しています。

↓応援クリックよろしくお願いします。
現在の、人気ブログランキングは現在何位でしょう? 

メタボの罠―「病人」にされる健康な人々 (角川SSC新書 2)メタボの罠―「病人」にされる健康な人々 (角川SSC新書 2)
大櫛 陽一

角川・エス・エス・コミュニケーションズ 2007-10
売り上げランキング : 51858
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「感想」
厚生労働省のメタボ基準値のおかしさがいっぺんにわかってしまいます。
ウエスト周囲径、男性85センチ、女性90センチ以上は要注意って、なんで男性より女性のほうが許容範囲が広い?
もーそれだけで不思議以外の何ものでもないですよ。
しかも、こんな基準、日本だけらしい。
なぜにこんな基準がゆるされるのか?それは、健康な人を病人扱いして医者+製薬会社を儲けさせる陰謀である。ということらしいです。
なんと言いますか・・・
本書では、小太りくらいがもっとも長生きと説明されてます。ある意味、ちょっとほっとする言葉ですが、だからといって太っていることがよいというわけではないと思います。
バランスを考えた食事や運動などを心がけ、健康管理をきちっとする必要はありますね。
あと、メタボに薬は使わないと言う考えは、正しいと思います。


「目次」
第1章 メタボリックシンドロームという嘘
第2章 産官学の癒着が生んだメタボ撲滅運動
第3章 「ちょいメタ」が最も長生き
第4章 捏造されたウェスト周囲径
第5章 高血圧より降圧治療が危険
第6章 コレステロールは大切な脂質
第7章 やせていても糖尿病になる
第8章 自分の体は自分で守ろう


自己投資のための書評サイトランキング 
続きを読む
タグ:健康
posted by はっしーなゆき at 05:50 | Comment(10) | TrackBack(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。