2010年08月25日

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく


●「ボロボロでも、ないよりはマシじゃ!今あるものから積み上げろ!どいつもこいつも、一から出直すってアホか!もっかいオムツはいてハイハイするんかい!考えもせんで気安くモノ言うな!」

posted by はっしーなゆき at 06:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月08日

やらなくてもいい、できなくてもいい。


●成功に近道なんかありません。地道な練習、準備が必要なものです。あえて言えば、成功には、成功への王道こそが一番の近道なのです。




posted by はっしーなゆき at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事のやり方が100%変わる 成功『軸』の作り方


●成功に近道なんかありません。地道な練習、準備が必要なものです。あえて言えば、成功には、成功への王道こそが一番の近道なのです。




posted by はっしーなゆき at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年08月01日

本日の名言

「やるべきこと」というのは自分の外側で勝手に増えていきますが、「やりたいこと」というのは、自分の内側からしか出てきません。 http://a.r10.to/hBY95K

成果とは長期のものである。すなわち、まちがいや失敗をしない者を信用してはならないということである。それは、見せかけや、無難なこと、下らないことにしか手をつけない者である。 http://a.r10.to/hBsOPA

人生においても、仕事においても、自分を何となく好きになってくれる人を10人つくるより、自分がとことん信頼できる人をひとりつくったほうが、うまくいくのです。 http://a.r10.to/hBY95K

成果よりも努力が重要であり、職人的な技能それ自体が目的であるかのごとき錯覚を生んではならない。仕事のためではなく成果のために働き、贅肉ではなく力をつけ、過去ではなく未来のために働く能力と意欲を生み出さなければならない。 http://a.r10.to/hBsOPA

雑用はそれを雑に扱ったときに雑用になるのであって、それをていねいに扱えば「仕事」になるのです。 http://a.r10.to/hBsOiN

自由に生きても、忍耐で生きても、それほど文句を言われる量はは変わらないと思う。だとしたら、自由に生きたほうが自分の為になるのではないか。後悔しない生き方、それは、「自分を取り戻す」ことだ。自分を意識せずとも、自分を http://a.r10.to/hBYp1l

仕事でも人生でも、やることは常にたくさんあります。そのすべてをやろうとした瞬間、人は何ひとつやり遂げられないのだと思います。 http://a.r10.to/hBY95K

自分の権力を示して、誰かに何かをさせるのではなく、たくさんの人の力を借りながら、対等な関係で、ものをつくりあげていく。その方が結果としても、いいものができあがってくるのです。 http://a.r10.to/hBY95K

真似る人は前進する。盗める人は飛躍する。 http://a.r10.to/hBsgzm

成長には準備が必要である。いつ機会が訪れるかは予測できない。準備しておかなければならない。準備ができていなければ、機会は去り、他所へ行く。 http://a.r10.to/hBsOPA

幸せの本質とは、何か楽しいことが起こることではなくて、「何も起きない淡々とした日々が続くことが幸せ」と「感じる」ことにあるのです。 http://a.r10.to/hBYcf7

「やるべきこと」というのは自分の外側で勝手に増えていきますが、「やりたいこと」というのは、自分の内側からしか出てきません。 http://a.r10.to/hBY95K

成果とは長期のものである。すなわち、まちがいや失敗をしない者を信用してはならないということである。それは、見せかけや、無難なこと、下らないことにしか手をつけない者である。 http://a.r10.to/hBsOPA

市場において目指すべき地位は、最大ではなく最適である。 http://a.r10.to/hBsOPA

人生においても、仕事においても、自分を何となく好きになってくれる人を10人つくるより、自分がとことん信頼できる人をひとりつくったほうが、うまくいくのです。 http://a.r10.to/hBY95K

まんべんなくすべてをそこそこにこなすというやり方をしなかったこと、というより「自分にはこれしかできない」ということを否定も肯定もせず、ただひとつのことをやり続けたことが、僕の成功の分岐点であり、成功への道であった http://a.r10.to/hBY95K
posted by はっしーなゆき at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。