2009年03月09日

iphone・iPod TouchでGoogleカレンダーと同期!

スケジュール管理は、私の永遠の課題のひとつかもと思うくらい、色んな方法を試してきました。
スケジュール帳は本当に色んな種類を試しています。
アナログもそうですが、デジタルも試していました。
最終的に落ち着いていたのは、Googleカレンダーです。

●デジタルの良いところは、繰り返し作業が簡単に追加できること。
●修正が容易なところ。
●リマインダーメールで事前に秘書のようにスケジュールを教えてくれる。
●一覧性にも優れている

 などが挙げられます。

ただし、アナログ手帳と比べてどうしても劣るのが、持ち運びが不便・・・
パソコンがないと確認が難しいという点が挙げられます。

一応、この点に関しては、携帯からもGoogleカレンダーが閲覧できはしますのでなんとかOKといいたいところですが、
一覧性があまり良くなく、常にネット接続に行かないといけないので起動に時間がかかるなど今ひとつ実用性に欠けます。

ところが、これから紹介するiphone・iPod Touch用のapp「さいすけ」さえあれば、
それらすべてが解消します。

価格はappストアで1200円とちょっと高価な感じはありますが、スケジュール帳を毎年買うことを考えるとかなり安価です。

さいすけの良いところはGoogleカレンダーと同期が簡単にとれるということ。
基本は、Googleカレンダーでスケジュール管理をします。
そして、そのデータをipod、iphoneのさいすけにダウンロードして普段は手帳代わりにそこからスケジュールを確認します。
ちなみに、同期は相互ともにOKですので、さいすけよりスケジュールを追加すればGoogleカレンダーに追加され、逆も当然可能です。

持ち運びも手帳以上に小さなipod・iphoneをもつだけ。
ものすごく便利です。
ipod・iphoneには必須のappだと思います。

続きを読む
posted by はっしーなゆき at 21:11 | Comment(14) | TrackBack(0) | iPhone・iPod Touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月08日

iPod Touchでどこでもwifiでインターネットを!

iPod Touchでいつでもどこでもwifiでインターネットを楽しむ方法をお伝えします。

最近、ウィルコムより「どこでもwi-fi」というサービスもでましたが、
通信回線がPHSということもあり、高速性は期待できないと思います。

そこで、お勧めしたいのが、イーモバイル回線を利用した方法。

機器としては、イーモバイルの通信カードと、PHS300というモバイルwifiアクセスポイント端末を組合わせて利用します。

イーモバイルはこれを使います。

イーモバイル(EMOBILE) データ通信カードUSBモデムタイプ(D02HW)【新にねん】☆先着100名様...

そして、PHS300はこれです。

国内正規代理店版です!今なら4400mAhの大容量モバイルバッテリが付属しています。PHS300 モバ...

この2つを組合わせて簡単にイーモバイルのつながるところですと、どこでもインターネットができるようになります。
他は一切必要ありません。

しかも、この組合わせのよいところは、イーモバイルはそのままパソコンに繋いで単体でも使えるということ。
もちろん、wi-fiの入っているパソコンなら、PHS300経由イーモバイルでも簡単にインターネットにつなげれます。

これは非常に便利で、かつ、コストパフォーマンスに優れた組合わせだと思います。

ちなみに、めんどくさいからiphoneでという場合、維持費がやはり結構かかります。
先日通信費の値下げ発表がありましたが、それでも、月々7500円ほどの維持費になると思います。

今回ご紹介の組合わせですと、最大で4980円です。
しかも、パソコンでもOKという汎用性。
さらに、通信を一切しない月は1000円という最低価格。

一般的に、電話はiphoneより携帯と使われることがおおいと思います。
それは、fericaの関係だったり、ワンセグの関係だったり、まだまだそのあたりは携帯に分がありますので。
iphoneを買う方は携帯と2つもっているという方が多いと聞きます。
それであれば、ご紹介の組合わせを強くご推奨します。
(唯一物足りないのがGPS機能が使えないくらいですが、これが必要な方は携帯を利用するかiphoneにするかです。
 通信費を考えられて、つまり、維持費を考えられた組合わせで、どちらが自分に合っているかで考えてみてください。)続きを読む
posted by はっしーなゆき at 08:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | iPhone・iPod Touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月02日

【平日が180度変わる「52の習慣」】休日手帳 佐藤伝(著) ・・・ 10冊目

訪問者数・応援クリックの増加が、このブログを”続ける力”になっています。
皆様の応援、心から感謝しています。

↓応援クリックよろしくお願いします。


休日手帳―平日が180度変わる「52の習慣」
休日手帳―平日が180度変わる「52の習慣」佐藤 伝

ビジネス社 2009-01
売り上げランキング : 831

おすすめ平均 star
starまさに私のための本?
star気軽に読めるのに、深いです。
starカラー写真の多さにびっくりしました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


消化するだけの休日から自由になると、毎日が観光気分のようにワクワクしてくる。年間119日の休日にひと工夫。肩の力を抜いて無限の可能性を引き出す『休日の過ごし方』。

「感想」
まず、タイトルが気になって購入しました。
休日に視点を当てた手帳というものはどういったものか?と。
結果は、休日の過ごし方をどうすべきであるかというHOWTO本。
量も少なく文字も大きく、ページ数も少ないのですぐに読むことができます。
なかにはおもしろい手法も書かれており、何点かは実際に行動してみるとおもしろいのではと思います。
たとえばこんな感じ。
「「いい人仮面」を脱ぐ
 私たちは、日常、実にいろいろな仮面をかぶって、生活しています。
 その仮面をかぶる時間が長いために、ほんとうの自分が、いったいどんな人間だったのかさえ、自分でもわからなくなってしまうのです。
 いい人になろうとすると疲れます。
 そのストレスが、ジワジワと雪のように積もっていきます。
 休日こそ、この「いい人仮面」を、すばっと脱ぎ捨てて、「素の自分」にもどる時です。
 戦う必要なんてありません。素直な自分がいちばん強いのです。」
★3つ(5段階)です。さくっと読めるので気分転換に読まれるとよいと思います。

-----引用開始(以下引用です)-------------------------------------------

「著者まえがき」
あなたにとって休日とはなんですか?

日々の慌ただしいルーティーン・ワークで張りつめた心と体を、自然体の自分に戻してあげる。
ウィークデーに引きずっていた感情を解放する。
やるべきことがいっぱいの毎日のなかで、1週間に一度、必ずやってきてる「休日の過ごし方」をこれから、ちょっとだけ見直してみませんか?

私は休日こそが、普段はなかなかできない、生きていることそのものを味わい、感謝して、「なりたい自分」のために時間を使うことができる、とても貴重な時間だと思うのです。


この本を手に取ったみなさんは、もうすでにそのことに気づいていつのかもしれません。
さあ、ここからが本書のユニークなテーマです。

休日とは、ゆったりと時間を味わい、自分と誰かをともに幸せな気分にし、自分の夢(ビジョン)に近づいてゆく日。

つまり、自分を癒して、時間を楽しむ休日の時間と空間が、あなたの心と体のあり方を変え、あなたがまわりの誰かを応援してあげたいなぁという気分にさせるのです。
不思議ですよね。
たくさんの同じ波動を出している人たちと同調し、つながっていく。
そして、ふと気がつくと自分の夢が次々と形になっていることにびっくりするのです。

本書は、そんなハッピーで充実した人生を送るための「休日の過ごし方」について、あなたの小さなヒントになるようなアイディアやメッセージ、スモールワークやプラクテイスを52個集めました。
あなたの夢が、芽を出し、のびのびと枝葉を広げ、美しい花を咲かせることを願って、1年間の52週とおなじ数にしてみました。
あせらずに1週間にひとつずつ実践すれば、1年後にはまったくの別人に変身した自分自身と出会うことになるでしょう。

体のリラクゼーションや、心のリセットのきっかけになるところなど、どこからでもスタートしていただいてかまいません。
ビビッと感じたところ、気になった部分、やってみたいと思うところから、ぜひサクッと始めてみてください。


まずはあなたが元気になることから。
そしてそれが、身近な誰かを幸せにするエネルギーとなりますように。

『ビビっと感じて、サクッと行動。行動すれば、次の夢舞台』

自己投資のための書評サイトランキング 

続きを読む
posted by はっしーなゆき at 06:51 | Comment(7) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。